1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. NTTデータ/バチカン図書館の手書き文献約8万冊をデジタル化

2014年3月25日

NTTデータ/バチカン図書館の手書き文献約8万冊をデジタル化

NTTデータは20日、バチカン図書館と、2世紀から20世紀に書き残された約8万冊、4千万ページの手書き文献のデジタル化と、長期保存を目的とした事業の初期契約を締結した。

初期契約では、約23億円の費用で、バチカン図書館の約3000冊の手書き文献を4年間でデジタル化。将来的には約8万冊全ての手書き文献についても実施する。

NTTデータは、日本の国立国会図書館でのデジタルアーカイブ領域における実績・ノウハウを生かし、今回の事業に参画。公式パートナーとして、手書き文献のデジタル化作業から、それらを長期保存し広く公開するためのICTシステムの提供まで、事業の主要部分を広く支援する。

デジタル化した文献は、バチカン図書館が提供するWebサイト上で高精細画像データとして公開。学術、美術、教育分野等における活用促進、貴重な人類遺産の継承に貢献することを目指すという。

バチカン図書館は1448年以来、世界中から数々の貴重文献を収集。

現蔵書数は110万を超えるといわれており、その中にマニュスクリプトと呼ばれる貴重な一点ものの手書き文献が約8万冊存在する。

マニュスクリプトには、羊皮紙やパピルスに書かれたもの、金銀などによって装飾されたものなど、厳重な保存管理下にありながらも、時間の経過とともに日々劣化が進んでいるものも多く、これらはいずれ解読不可能となることが危惧されている。

関連URL

NTTデータ

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21