1. トップ
  2. ツール・教材
  3. すららネット/努力指標の学習大会第 7回「すららカップ」の結果発表

2014年3月25日

すららネット/努力指標の学習大会第 7回「すららカップ」の結果発表

すららネットは、努力指標オンライン学習大会第7回「すららカップ」を1月1日から2月28日まで開催し、その結果を発表した。

「すららカップ」は、偏差値や点数ではなく「総学習時間」や「クリアユニット数」といった、“どれだけ努力したか”の努力量の指標で、小学生から社会人まで全ての「すらら」の利用者同士が競い合う大会となっている。

第7回「すららカップ」は、約2万5000名が参加し、学習時間部門全国1位のユーザーの学習時間は272時間34分、クリアユニット数部門では1526ユニットだった。

塾・学校別の平均学習時間で競うチーム対抗戦は、トップチームの平均学習時間は233時間35分となっている。

結果の概要【各部門トップ3】

「学習時間部門」
[1位] 272時間34分  [2位] 259時間57分  [3位] 255時間06分
「クリアユニット数部門」
[1位] 1526ユニット  [2位] 648ユニット   [3位] 620ユニット
「チーム対抗戦」
[1位] 233時間35分  [2位] 166時間8分   [3位] 57時間49分

問い合わせ先

すららネット

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • 防災Wi-Fi FURUNO SYSTEMS
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録