1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ベネッセ/マクドナルドの原田泳幸会長が経営トップに内定

2014年3月28日

ベネッセ/マクドナルドの原田泳幸会長が経営トップに内定

ベネッセホールディングス(ベネッセ)は27日、大手ハンバーガーチェーンの日本マクドナルドホールディングスで会長を務める原田泳幸氏を、会長職と社長職に起用する人事を取締役会で内定したと発表した。

原田泳幸氏の代表取締役会長兼社長への就任は、6月21日に開催の定時株主総会、取締役会で正式に決定する予定。

ベネッセは、グループの成長に向けて、2013年7月から2015年度末をゴールとした「ベネッセグループ変革活動」を実施。

福島保 現代表取締役社長のもと、第1フェイズではコスト構造の改革、成長戦略の策定、グループのガバナンスの再設計とグループの連携強化を進めてきた。

2014年6月からスタートする第2フェイズを力強く推進し、成長を確実なものとするために、新体制への移行に踏み切ったと説明している。

なお、この人事にあたり、福武總一郎 現取締役会長は最高顧問に、福島保 現代表取締役社長は代表取締役副会長に退く。

関連URL

ベネッセホールディングス

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21