1. トップ
  2. ツール・教材
  3. パスロジ/スマホ向けハイブリッド・ワンタイムパスワードの実証実験提供を開始

2014年3月28日

パスロジ/スマホ向けハイブリッド・ワンタイムパスワードの実証実験提供を開始

パスロジは27日、スマートフォン向け「ハイブリッド・ワンタイムパスワード・トークン・アプリ」(Passlogyトークン)のダウンロード提供と、アプリを試す実験的なサービス(フェデレーション実験サービス)を開始した。

「Passlogyトークン」とフェデレーション実験サービスは無償提供。

「Passlogyトークン」は、記憶からワンタイムパスワードを生成するPassLogic方式と、タイムシンクロナス方式(時間をキーとした乱数生成ロジック)を併せ持つハイブリッド・ワンタイムパスワード用のスマホアプリ。

技術は特許申請中で、パスロジの保有する特許取得済の技術と組み合わせることで、強固なセキュリティを確保している。

スマホが通信できなくても認証が可能、端末が紛失・盗難された場合でも、記憶型ワンタイムパスワードなので安全性を確保できる。特許技術の2要素2経路の本人認証で、オンラインバンキングやオンライントレードを利用する際の強固なセキュリティとなるなどの特徴を持つ。

フェデレーション実験サービスは、クラウドアプリケーション間のシングルサインオンを実現するフェデレーションを、「Passlogyトークン」で試すための実験的なWebサービスとして提供する。

「Passlogyトークン」で生成したワンタイムパスワードでログインした後、各種クラウドアプリケーションと連携し、それぞれのログイン操作不要でクラウドアプリケーションを利用するところまで一連の流れを試せる。

関連URL

Android用 Google Play 「Passlogyトークン」
iPhone用  App Store 「Passlogyトークン」

問い合わせ先

パスロジ

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21