1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 日立マクセル/電子黒板機能付き超短投写液晶プロジェクター

2014年4月2日

日立マクセル/電子黒板機能付き超短投写液晶プロジェクター

日立マクセルは2日、電子黒板機能やマルチペン機能などの多彩な機能を搭載した超短投写液晶プロジェクター「CP-TW3003J」を、7月に発売すると発表した。価格はオープン。

CP-TW3003J

「CP-TW3003J」は、明るさが3300ルーメン、約27cmの投写距離で80型の大画面表示が可能なミラー反射型のプロジェクター。リアル解像度はWXGAで、質量は約4.4kg。

「オートキャリブレーション」により、画面上の描画ポイントの位置合わせが手元のリモコンから簡単に行える。

「マルチペン機能」により複数で同時に投写画面に書き込みができるほか、別売の「フィンガータッチユニット」と組み合わせ、指などで画面上に直接書き込むことも可能。

また、パソコンがなくても書画カメラなどの接続機器の投写映像に書き込みができる「PCレス描画」に対応している。

「電子黒板機能」用ソフトウェアとして使いやすさを追求した「StarBoard Software」を採用しており、壁や黒板など凹凸のない投写面上に直接、付属のインタラクティブペンを用いて手書き入力やパソコン操作を行えるため、導入コストを抑えながら簡単に電子黒板としての機能を実現できるという。

さらに、日立独自の映像処理技術である「HDCR(High Dynamic Contrast Range)」と「ACCENTUALIZER(アクセンチュアライザー)」を超短投写モデルに初めて搭載。教室や会議室など明るい環境下で不鮮明になりがちな映像を見やすく補正する。

曲面への投写時にリモコンで簡単に調整を行える「コーナーフィット機能」を搭載しており、湾曲した黒板にも歪みのない画面を投写。別売の「机上投写スタンド」と組み合わせることで机上への映像投写を行え、出席者全員で映像をさまざまな角度から検討するなど、より自由なミーティングスタイルを可能にする。

関連URL

CP-TW3003J

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21