1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 東京工科大/クラウド化など学内ICT環境の全面的リニューアルを実施

2014年4月8日

東京工科大/クラウド化など学内ICT環境の全面的リニューアルを実施

東京工科大学は3日、学内ICT環境の全面的リニューアルを実施したと発表した。

全学のネットワークインフラの更改、業務システムのクラウド化、教育用システムのクラウド化の3つを、2013年度1年間で実行。

クラウド技術をはじめ、広範囲にわたる東京工科大学のICT技術が活用され、産学連携での環境を短期間で構築することを可能にしたという。

ネットワークインフラの更改では、構築とともに運用もソフトバンクテクノロジへ依頼する、NaaS(Network as a Service)形態をはじめて採用。

全教室の無線LAN化を短期間で実施した。

業務システムのクラウド化にあたっては、教務、就職支援等の各業務を個別にSaaS(Software as a Service)としてクラウド活用を図るとともに、データを集約するためのデータベースである中核DBと、EUC(End User Computing)が可能なPaaS(Platform as a Service)を採用。

これにより、全体としてのサービスの統合性を図りつつ、継続的に成長可能な基本アーキテクチャを新たに設計した。

計画実施にあたり、ソフトバンクテクノロジ、マイクロソフト、ページワンと連携し、同学システム構築だけでなく、将来のビジネス創成も視野に入れた連携を図ったとしている。

関連URL

マイクロソフト 事例紹介
ページワン・ソフトバンク プレスリリース

問い合わせ先

東京工科大学
電 話:042-637-2111

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21