1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 京都電子計算/大学向けインターネット出願システムを発表

2014年4月11日

京都電子計算/大学向けインターネット出願システムを発表

京都電子計算(KPI)は10日、大学・短期大学向けに低価格型インターネット出願システム「POST
@net(ポスタ)」の提供を開始すると発表した。

KPIは、2002年から大学向けに同サービスを提供してきたが、2015年度入試に向けてシステムとデザインを一新。初期費用90万円、年間利用料50万円、年間2,000人以下なら大学負担手数料が無料(すべて税別)という低価格でサービスの提供を開始した。

2014年度入試では、私立大学の1割以上がインターネットでの出願方法を採用し、今後も採用校が増加すると予測されているという。

松田八郎 常務執行役員

KIPの常務執行役員でソリューション事業部長の松田八郎氏は、「多くの大学でインターネット出願が採用され始めていますので、逆に採用しない事が大学経営に対するリスクになります。当社のお客様で比較的小規模な大学様からの要望に応えるため、この製品を企画しました。低価格ではありますが、年間数百万人を処理できる出願ポータルサイトの構築実績もありますので、信頼性には自信があります」と説明している。

「POST@net」の特長
(1) すぐに始められる簡単設定
・入試要項の情報をアップロードするだけ。サービス開始に手間がかからない。(最短のスタートは2週間で可能)
・ロゴマークやカラーも自由に設定が可能。大学様のアイデンティティを大切にする。
(2) 大学のメリット
・志願書記載内容の確認、複雑化する入試形態の整合性確認も志願段階でチェックが可能。
・検定料算出も、システムで対応できる。
(3) 豊富な入試ソリューション
・今年創立50周年。創業当初から大学向けのアウトソーシング、ソフト開発などの提供を行っており、特に入試業務については、インターネット出願を含めた志願から採点、判定、入学手続に至るまでの全業務において1社でサービスを完結できるのが強み。

関連URL

京都電子計算

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21