1. トップ
  2. ツール・教材
  3. ソニー/教育向け提案強化 短焦点液晶プロジェクター5機種を発売

2014年4月14日

ソニー/教育向け提案強化 短焦点液晶プロジェクター5機種を発売

VPL-SX235

ソニーは10日、3200ルーメンの高輝度モデルなど短焦点液晶プロジェクターの2シリーズ計5機種を発売すると発表した。

直接投写型の短焦点プロジェクター「VPL- SX235」は、約75cmの距離から80型スクリーンに投写が可能。教卓の上に設置し黒板へ投写するなどの環境に適しているほか、3200ルーメンの高輝度で、明るい教室でもよりはっきりと投写画像を見ることができる。

VPL-SW630C

ミラー反射型の超短焦点プロジェクター 「VPL-SW630C」「VPL-SW630」「VPL-SX630」は、本体を従来比で約10%コンパクト化し、壁掛け設置時の圧迫感を低減。

「VPL-SW630C」は、付属のペンで投影画面に書込みができる「インタラクティブ機能」を搭載。赤外線通信技術の向上とペンの形状改良により、ペンで入力した際の反映が早いなど、従来よりさらにスムーズな書き心地を実現している。

ソニーは、短焦点プロジェクターの性能や機能、操作性の向上を図り、主に「教育現場」に向けての提案を強化していくという。

概要

短焦点 液晶プロジェクター「VPL-SW235」(3000ルーメン/WXGAモデル):市場推定価格 11万円前後(2014年4月下旬予定)
短焦点 液晶プロジェクター「VPL-SX235」(3200ルーメン/XGAモデル):市場推定価格 11万円前後(2014年4月下旬予定)
超短焦点 液晶プロジェクター「VPL-SW630C」(3100ルーメン/WXGAモデル):市場推定価格 24万円前後(2014年7月予定)
超短焦点 液晶プロジェクター「VPL-SW630」(3100ルーメン/WXGAモデル):市場推定価格 20万円前後(2014年7月予定)
超短焦点 液晶プロジェクター「VPL-SX630」(3200ルーメン/XGAモデル):市場推定価格 19万円前後(2014年6月予定)

関連URL

データプロジェクト

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • 防災Wi-Fi FURUNO SYSTEMS
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録