1. トップ
  2. 教育事例
  3. 内田洋行/学びの場.comに筑波大附属小の「未来の教室」事例を公開

2014年4月16日

内田洋行/学びの場.comに筑波大附属小の「未来の教室」事例を公開

内田洋行 教育総合研究所は、運営する学びの場.comで筑波大学附属小学校5年生国語と2年生図画工作の授業リポートをWebで公開している。

筑波大学附属小学校では、ICTを活用した教育の実証研究を行うために内田洋行の「未来の教室」を導入し、無線ネットワークの構築や児童40人が1人1台のタブレット端末を利用できるほか、複数のスクリーンに画面を投影できるなど、先進的な学習環境を整備している。

今回は、「未来の教室」を使って行われた5年生国語の「いろいろな漢字の読み方」と、デジタルスクールノート(*1)を使って描いた簡単な図形を出発点に、子どもたちが自由に絵を加工して、3場面の短いお話を作るという「見立てからお話を作る」を紹介している。

学びの場.com は、教員や保護者をはじめ、教育に興味のある全ての人への教育情報の提供を行うWEBサイト。

(*1): デジタルスクールノートは、内田洋行が開発した1人1台端末の環境のための学習支援アプリケーション。

関連URL

未来の教室で、学びの意欲が高まる授業 ~筑波大学附属小学校「国語」・「図画工作」

学びの場.com 

問い合わせ先

学びの場.com

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21