1. トップ
  2. 教育事例
  3. 広島工業大学/CADソフトなど搭載の仮想PC650台を導入

2014年4月21日

広島工業大学/CADソフトなど搭載の仮想PC650台を導入

広島工業大学は14日、3次元CADソフトなどの専門的なソフトを搭載した仮想PCを650台整備したと発表した。

PC教室と附属図書館、学生ラウンジなどに仮想PCを整備

これは、学生の学修環境を充実させる「仮想デスクトップ教育基盤システム」の取り組み。

5つのPC教室と附属図書館、学生ラウンジなどで、仮想PCが利用できるようになった。

今後は、学生がノートPCやタブレットを利用し、自宅など学外からでも専門的なソフトを利用できるようにするなど、アクティブ・ラーニングのための環境整備を進めていくとしている。

今回の整備は、文部科学省の「2013年度私立大学等研究設備整備費等補助金」に採択された。

問い合わせ先

広島工業大学

1Lサイズの省スペース設計 コンパクトデスクトップ ThinkCentre Tiny 新発売 Lenovo
実際に体験していただけます EDIX2017に出展 5.17-19 Classi
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
出展情報・商談予約 5月17日〜19日開催 EDIX2017 出展社特集
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • 第8回教育ITソリューションEXPO 東京ビッグサイト西ホール1F 小間No.6-30 プリンストンブースのご案内はこちらから!
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21