1. トップ
  2. ツール・教材
  3. キヤノン/ハイレンズシフト機構を搭載した短焦点のLCOSプロジェクター2機種発表

2014年5月9日

キヤノン/ハイレンズシフト機構を搭載した短焦点のLCOSプロジェクター2機種発表

WUX400ST

WUX400ST

キヤノンは8日、短焦点でハイレンズシフト機構を搭載した、LCOS(反射型液晶)プロジェクター「WUX400ST」と「WX450ST」を、5月下旬から発売すると発表した。両機種は「パワープロジェクター」シリーズの新製品で、ともにオープン価格。

WX450ST

「WUX400ST」は、4,000lm(ルーメン)の明るさでWUXGA(1,920×1,200画素)の規格に対応し、「WX450ST」は、4,500lmの明るさでWXGA+(1,440×900画素)の規格に対応。これにより、両機種とも最大約300型までの大画面投写が可能。

また、100型映像を1.23メートルの至近から表示できるほか、最大レンズシフト量が77%と大きく、幅広い設置環境に対応する。

さらに、キヤノン独自開発のLCOS(反射型液晶)パネルを搭載することで、透過型液晶パネルに見られる画面上に映る網目のような格子感を抑えた、滑らかな高画質映像を投写することができる

関連URL

WUX400ST

WX450ST

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • 防災Wi-Fi FURUNO SYSTEMS
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録