1. トップ
  2. ツール・教材
  3. KMSI/青山学院大1学科を対象とした電子教科書活用実験を学部全体に拡大

2014年5月9日

KMSI/青山学院大1学科を対象とした電子教科書活用実験を学部全体に拡大

京セラ丸善システムインテグレーション(KMSI)は8日、青山学院大学経済学部の現代経済デザイン学科1年生70名を対象に、2013年9月から開始した電子教科書活用実験を経済学部全体へ拡大し、4月に入学した559名を対象に実験を行うと発表した。

現代経済デザイン学科では2013年度から導入している翻訳教科書「スティグリッツ公共経済学」(上・下)に加えて「スティグリッツミクロ経済学」「マンキュー経済学 II マクロ編」が、経済学科では「マンキュー経済学 I ミクロ編」「マンキュー経済学 II マクロ編」が、学生の所持するデバイスで閲覧できるようになる。

電子化された教科書は、経済学部の基礎理論書として4年間使用するため、電子教科書の辞書的利用による振り返り学習をより深く掘り下げて行うことができるようになるという。

現代経済デザイン学科の学生を対象としたアンケート調査によると、約8割の学生は電子教科書の使い勝手や機能に満足しており、通学途中や自宅など、講義以外の時間帯にも電子教科書を利用していることがわかった。

また、教科書の持ち運び負担が物理的に軽減されることや、調べたい事項をすぐに横断検索できるなど、検索機能を利用した効率的な学習方法を実感し、電子教科書の特性を学習に役立てていることもわかった。

青山学院大学ではこうした実験結果をふまえ、より多くの学生へ電子教科書を利用した学習環境を提供するため、活用実験を経済学部1年生全員へ拡大したとしている。

関連URL

電子教科書配信サービス

問い合わせ先

京セラ丸善システムインテグレーション

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21