1. トップ
  2. ツール・教材
  3. デジタルアーツ/幼児教室「キッズパル」でインターネットリテラシー教育を開始

2014年5月14日

デジタルアーツ/幼児教室「キッズパル」でインターネットリテラシー教育を開始

デジタルアーツは12日、小学館集英社プロダクションと協業し同社のグループ会社であるミキハウス アンド小学館プロダクションが運営する幼児教室「キッズパル」で、幼児と保護者を対象としたインターネットリテラシー教育を5月後半から開始すると発表した。

デジタルアーツ

この取り組みは、幼児と保護者に対し、実際に「キッズパル」の教室で行う授業の一環として、5~6歳児のクラスで先生によるインターネットのリテラシー教育に加え、Webフィルタリングの重要性の訴求を行うもの。

4月から「キッズパル」で、各教室でタブレット端末(iPad)を活用したプログラムを開始しており、開始に合わせてインターネットリテラシーを早い段階から教育する必要性があるという判断から行うもので、デジタルアーツが監修する。

その他の年齢層のクラスでは、保護者向けに定期的に配布される会員向けの冊子やリーフレットに、子どもが家庭でインターネットに触れる際の注意事項や、インターネット上に潜む様々なリスクについて伝えるとともに、Webフィルタリングを活用することで防げる事例も掲載する。

デジタルアーツと小学館集英社プロダクションは、未就学児向けのインターネットリテラシー教育における取り組みを2013年8月から開始し、リビング学習を展開している通信添削教育「ドラゼミ」の会員を対象に、インターネットリテラシーの教育や意識調査の他、子どもを有害サイトから守るWebフィルタリングソフト「i-フィルター」の利用を推奨するなどの取り組みを行っている。

関連URL

「ミキハウスの幼児教室 キッズパル」

問い合わせ先

デジタルアーツ

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21