1. トップ
  2. データ・資料
  3. トモノカイ/大学生の約2割がコピペ経験 調査結果を発表

2014年5月16日

トモノカイ/大学生の約2割がコピペ経験 調査結果を発表

トモノカイは13日、現役大学生・大学院生を対象に行った、「剽窃」や「コピー・アンド・ペースト(コピペ)」に関するアンケート調査の結果を発表した。

調査は、2014年3月12日から3月19日にかけて、WEBアンケ―トで実施。調査対象は、トモノカイの媒体「教員ステーション」「t-news」のユーザーである大学生・大学院生。有効回答数は201人。

現役の大学生・大学院生を中心に、これまで「剽窃」や「コピペ」をしたことがあるかと尋ねたところ、18%があると回答。

また、「剽窃」や「コピペ」についての十分な指導をこれまで受けてきたと感じるかと尋ねたところ、「いいえ」と答えた人が4割超にのぼった。

さらに、剽窃やコピペの問題について自由な意見を求めたところ、「大学でのレポートにおけるコピペは日常茶飯事」「他人のものを写したり、書籍や論文等の内容をそのまま用いたりといった光景は決して珍しいものではなく、『バレなきゃOK』という雰囲気がある」などの声が寄せられた。

そのほかに、「認識が甘すぎると感じる。大学のレポートの段階から厳しく指導し、チェック体制も作るべき」などの声もあり、剽窃・コピペを抑制するための環境が万全ではないことが浮き彫りになったとまとめている。

関連URL

トモノカイ
教員ステーション
t-news Web

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21