1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. HORBALほか/東北芸術工科大学で3Dプリンティングの講座開講

2014年5月21日

HORBALほか/東北芸術工科大学で3Dプリンティングの講座開講

HORBAL、Qurz、日経BPイノベーション研究所、カブク、東北芸術工科大学は16日、共同で3Dプリンティング産学連携講座を開講したと発表した。

産学連携プロジェクト

講座では、山形県の伝統文化や地域産業から、後世に伝えたいカタチを発見し、3Dプリンター向けデザインプロセスを学ぶ。開講期間は2014年4月から7月まで。

HORBAは講義の設計と統括、Qurzは3Dプリンティングの試作品やテンプレートの作成、日経BPイノベーションICT研究所は講義の設計とレビュー、パブリティなど、カブクは3Dプリンティングの実践に基づく知見の共有を行う。

講座は、3Dプリンティングの普及を目的にした「embody project」の中核活動の1つ。プロジェクトでは、ユーザーがオリジナルデザインのプロダクトを、手元の3Dプリンターから簡単に購入できるようにすることを目指す。

今後、4社はこのゴールに向け、テンプレートデザインの作成者(デザイナー)、商品企画者(プロデューサー)、3D素材収集者(スキャナー)とユーザーをつなぐプラットフォームを構築していく。

関連URL

embody project

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21