1. トップ
  2. ツール・教材
  3. EVAN JET委員会/日本初 小中学生の英語の「話す力」を測定するテスト実施

2014年5月26日

EVAN JET委員会/日本初 小中学生の英語の「話す力」を測定するテスト実施

EVAN JET(ジェット)委員会は23日、小学生・中学生の英語スピーキング能力を測る「JET-スピーキングテスト」のパイロットテストを、神奈川県横須賀市の横須賀学院小学校・中学校で、6月4日に実施すると発表した。

受験風景

このテストは、日本では初となる小学生・中学生の「英語を話す力」のみを測るテスト。米国IMET(Institute for Measurement in Education and Training)が開発した世界標準のテストで、韓国では年間5000名以上の子どもたちが受検しているという。

テスト問題は、その難度によって、Basic(初級)、Intermediate(中級)、Advanced(上級)、の3種類がある。受検者の回答音声データを元に、専門の訓練を受けたネイティブスピーカーが採点し、受検者の「英語を話す力」を6段階で総合判定する。

教育再生実行委員会から、「大学入試にTOEFLテストを活用する」との提言があり、その主旨は英語の4技能の中でも、特に「話す力」を重視している。そのため、早期英語教育段階からスピーキング能力を測定するテストの存在が必須と考え、国内導入とパイロットテストの実施を決定した。

関連URL

EVAN
JET委員会

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21