1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. NEC/ベクトル型スーパーコンピュータを東北大学などに導入

2014年5月30日

NEC/ベクトル型スーパーコンピュータを東北大学などに導入

日本電気(NEC)は29日、東北大学サイバーサイエンスセンター、大阪大学サイバーメディアセンター、国立環境研究所それぞれからベクトル型スーパーコンピュータ「SX-ACE」を受注したと発表した。

「SX-ACE」は、マルチコア型ベクトルCPUを搭載し、64ギガフロップスのコア性能、64ギガバイト/秒のコアメモリ帯域を実現した新しいベクトル型スーパーコンピュータ。

NEC独自の最先端LSIテクノロジー、高密度設計、高効率冷却技術などにより、従来機種と比較し、消費電力を10分の1、設置面積を5分の1に低減する。

科学技術計算や大規模データの高速処理を得意とし、気象予報、地球環境変動解析、流体解析、ナノテクノロジーや新規素材開発などのシミュレーションで高いアプリケーション性能を実現しているという。

東北大学サイバーサイエンスセンターでは2014年10月から、大阪大学サイバーメディアセンターでは2014年12月から、国立環境研究所では2015年6月から稼働予定。

関連URL

日本電気

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21