1. トップ
  2. データ・資料
  3. 富士経済/静電容量式タッチパネルの世界市場、2018年に3兆超と予測

2014年6月13日

富士経済/静電容量式タッチパネルの世界市場、2018年に3兆超と予測

富士経済は12日、タッチパネルと構成部材の世界市場を調査し、その結果をまとめた報告書「2014 タッチパネルと構成部材市場の将来展望」を発表した。

静電容量式タッチパネルを中心にアプリケーション4品目、タッチパネル6品目、タッチパネル部材32品目の市場の現状を分析し今後を予測したもの。

これによると、2013年の静電容量式タッチパネル世界市場は、前年比71.0%増の2兆5215億円となった。

スマートフォン、タブレット端末と共に、ノートPCでの搭載が増加し数量ベースで大幅に拡大したのに加え、スマートフォンでハイエンド機種の生産台数が増加し、高価格のインセル型、オンセル型の採用が増加したため金額ベースを押し上げた、としている。

2018年の市場としては、2013年比26.4%増の3兆1866億円と予測。

主要用途であるスマートフォンは、先進国で市場が成熟しているものの、今後は新興国での普及が想定され、低価格なフィルムセンサー型の需要がさらに拡大するとみている。

2013年に急拡大したタブレット端末は今後も需要増加が期待され、2018年には面積ベースではスマートフォンと同程度に拡大する、としている。

問い合わせ先

富士経済

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21