1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. NTTナレッジ・スクウェアとドコモ/edX上回る結果 「gacco」第一弾講座18%が修了

2014年6月23日

NTTナレッジ・スクウェアとドコモ/edX上回る結果 「gacco」第一弾講座18%が修了

NTTナレッジ・スクウェアとNTTドコモは20日、共同で推進する大規模公開オンライン講座(MOOC)提供サイト「gacco(ガッコ)」で開講された、日本初の日本語MOOC講座「日本中世の自由と平等」(東京大学 本郷和人教授)の修了率が18%になったと発表した。

「gacco」は、日本オープンオンライン教育推進協議会(JMOOC)が公認する日本初のMOOC提供サイト。

「日本中世の自由と平等」は、その第一弾講座として4月14日に開講し、5月18日に終了した。2万名が受講登録し、そのうち18%(約3600名)が修了条件(得点率60%以上)を満たした。

また、講座では、世界初の試みとして、オンラインで学習した内容をもとに対面で発展的な講義を行う「反転学習コース」を提供。東京大学で開催された対面授業には、13歳から81歳までの約90名が全国から参加し、コース登録者のうち80%が修了条件を満たした。

修了率は、米国のMOOC「edX」が開設初年度に開講した講座の平均修了率5%を大きく上回る結果となった。

関連URL

gacco

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21