1. トップ
  2. 教育事例
  3. MathWorks/工学院大が研究者・エンジニア向けソフトを全キャンパスで導入

2014年6月26日

MathWorks/工学院大が研究者・エンジニア向けソフトを全キャンパスで導入

MathWorks は24日、工学院大学がサイトライセンスであるTAH (Total Academic Headcount)ライセンスを通じて、MATLAB/Simulinkを導入したと発表した。

MATLAB は、MathWorksが開発した数値解析ソフトウェア。またSimulinkは、モデリング、シミュレーション、解析のためのマルチドメインシミュレーションとダイナミックシステム。

今回、工学院大学が導入したTAHライセンスでは、MATLAB/Simulinkを含む50製品が使用可能となる。

これにより、全ての学生と教職員が研究室や授業など工学院大学全てのキャンパス内で、MATLAB/Simulinkの利用が可能となり、エンジニアリング分野の研究や学生の卒業後のキャリアの手助けとなるとしている。

工学院大学では、私立大学として初の技術者教育プログラム(JABEEプログラム)認定を取得するなど、社会のニーズに応える技術者教育を推進している。

MathWorks は米国に本社を置く、数学的計算ソフトウェアの開発会社。

問い合わせ先

MathWorks Japan
電 話: 03-6367-6700

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21