1. トップ
  2. ツール・教材
  3. ヤマダ電機/Androidタブレットのクオリティモデル

2014年6月30日

ヤマダ電機/Androidタブレットのクオリティモデル

ヤマダ電機は、オリジナルタブレットのスタンダードモデル「EveryPad」に加え、クオリティモデルとなるAndroid4.2 採用の「EveryPadⅡ」を、28日から発売を開始する。

EveryPadⅡ

販売価格は2万6800円(税別)。

レノボ・ジャパンと共同開発した追加モデルで、薄さ9.9mm、質量約320gの薄型軽量ボディーを実現。ホワイトとブラックの2つのカラーバリエーションから選ぶことができる。

音声検索、ビデオ電話や音声通話アプリ、手書き入力アプリといったスタンダードモデルと同様の機能がある。

解像度1280×800の7.0型IPSディスプレイを採用したほか、内蔵フラッシュメモリ16GBに加え、microSDカード16GBを搭載(最大32GBまで)。

また、「2年間の長期保証」やソーシャルネットワークサービス「YAMADA Multi SNS」専用アプリがインストール済みなど、ヤマダ電機独自のサービスも付いている。

関連URL

「EveryPadⅡ」

問い合わせ先

ヤマダ電機

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用最新情報誌 チエルマガジン 無料購読はこちら
  • アプリで英検対応 新試験に対応 EAST Co., Ltd.
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録