1. トップ
  2. ツール・教材
  3. Apple/「iTunes U」アップデート iPadでコース作成やディスカッションが可能に

2014年7月1日

Apple/「iTunes U」アップデート iPadでコース作成やディスカッションが可能に

Appleは30日、教育コンテンツ配信サービス「iTunes U」のアップデートを行い、教師がiPadでコースを作成したり、学生がディスカッションを受けられるようにする機能を追加すると発表した。アップデートは7月8日に行う。

アップデートにより、教師は、iPadでコースの作成、編集、管理が行えるようになる。iWorkやiBooks Author、教育アプリケーションを直接素材として追加することが可能。例えば、iPadの内蔵カメラを使って写真やビデオを撮影し、その素材をコースに活かすことができる。

学生は、iPadで「iTunes U」のプライベートコースを受講し、授業に関するディスカッションや質問が行えるようになる。授業内のディスカッションのフォローが自動的に行われ、常に新しい話題に参加することが可能。また、プッシュ通知を設定すれば、新しい話題が始まった時や、誰かが発言をしたタイミングで通知を受け取ることができる。教師もディスカッションに参加し、モデレーターとして、話題から脱線したメッセージや返答の削除が行える。

関連URL

iTunes U

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録