1. トップ
  2. 教育事例
  3. マイクロソフト/日本大学に学生向けクラウドサービス基盤を提供

2014年7月2日

マイクロソフト/日本大学に学生向けクラウドサービス基盤を提供

日本マイクロソフトは1日、日本大学に学生向けクラウドサービスの基盤として「Office 365 Education」を提供したと発表した。

日本大学では、2007年から学生向けの電子メールプラットフォームに無償のクラウドサービスを利用していたが、利用率が思うように上がらなかった。また、学生サービスの充実という観点から、「Office 365 Education」の導入を決定。

4月から、全学生約10万人に向けて「Office 365 Education」を共通のICTインフラとして提供し、クラウドの利用率向上を図るとともに、在校生が個人でライセンスを購入せずに利用できる環境を実現した。これにより、学生による偶発的なソフトウェアの不正利用の防止を目指している。

「Office 365 Education」は、教職員や学生用の電子メール、ウェブ会議、ドキュメント編集、クラウドストレージなどのグループウェア機能をクラウド経由で利用できるサービス。教育機関に必要な高度なセキュリティ機能や、係争時に国内法が適用されること、クラウドに保管した学生や教職員のデータを広告目的で利用しないことなどが評価され、6月現在、国内で100以上の教育機関、170万以上のユーザーに利用されている。

関連URL

日本マイクロソフト

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21