1. トップ
  2. ツール・教材
  3. レノボ・ジャパンとソフトバンク/4G LTEと4Gに対応したタブレット

2014年7月9日

レノボ・ジャパンとソフトバンク/4G LTEと4Gに対応したタブレット

レノボ・ジャパンとソフトバンクモバイル、ソフトバンク コマース&サービスは8日、ソフトバンクモバイルの高速データ通信サービス「SoftBank 4G LTE」と「SoftBank 4G」に対応したタブレット「ThinkPad 10 for SoftBank」(レノボ社製)を開発し、9月中旬以降にソフトバンクの法人向け販売チャネルで提供すると発表した。

ThinkPad 10

レノボ社製「ThinkPad 10」に、ソフトバンクモバイルの高速データ通信サービス「SoftBank 4G LTE」と「SoftBank 4G」に対応したモジュールを搭載し、受信時最大100Mbpsの高速通信を実現。

外出先からのメール確認などが迅速に行えるという。

インテルAtom Z3795プロセッサーを搭載するほか、Windows 8.1 Pro 64bit OSに対応し、最大4GBのメモリの搭載が可能。フルサイズのUSB2.0とMicroSDカードスロットも搭載した。

高解像度ディスプレイWUXGA(1920 x 1200)を採用。安全にタブレットを管理できる指紋認証の搭載も可能とした。

さらに、ThinkPad 10専用アクセサリーの「ThinkPad Tablet ペン」を搭載。1024段階の筆圧感知で、手書きのメモ、絵や図などの描き込みはもちろん、素手での作業ができない環境でのタブレット操作を可能とした。

問い合わせ先

レノボ・ジャパン

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21