1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 富士キメラ総研/次世代映像ビジネス市場2020年に2兆92億円と予測

2014年7月11日

富士キメラ総研/次世代映像ビジネス市場2020年に2兆92億円と予測

富士キメラ総研は9日、次世代ディスプレイシステムから映像コンテンツ、インフラ・配信市場を対象としたBtoB向け映像ビジネスや、最新の映像技術動向についての調査結果を「次世代映像ビジネス総覧 2014」として発表した。

調査結果によると、映像表示機器、映像入力・撮像機器、映像記録・再生・編集機器・システムなどの映像機器・システムの2013年の市場は、3151億円となった。

「映像表示機器」では、モニター・デジタルTVのうち、30インチ未満の中小型モニターが、医療用、放送用、監視用に加え、車両モニターやその他産業機器・システムへの組み込み用などで堅調。

30インチ以上の大型は、デジタルサイネージ向けを中心に、企業の会議や教育機関の講義向けなどで需要が増加している。

また2020年の市場予測では、2013年比52.4%増の2兆92億円になるとしている。

特に、教育・講義ソリューションでは大幅な成長が期待され、プロジェクターなどの電子黒板やタブレットの需要拡大により、428億円(2013年比の3.6倍)になると予測している。

問い合わせ先

富士キメラ総研
info@fcr.co.jp

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21