1. トップ
  2. データ・資料
  3. Gaba/タブレット端末学習に約4割の保護者が「楽しんでできる」に期待

2014年7月11日

Gaba/タブレット端末学習に約4割の保護者が「楽しんでできる」に期待

Gabaは10日、小中学生の保護者1000名を対象に行った「小中学生の教育とコミュニケーションに関する保護者調査」の結果を発表した。

調査結果によると、スマホの保有率は小学生高学年7.8%、中学生34.4%、タブレット保有率は中学生で17.1%。スマホ、タブレットともに本当は持たせたくないという保護者は4割以上いた。

SNS・メールアプリの利用状況は、小中学生が利用しているSNS・メールアプリトップは「LINE」。その利用率は、中学生になると一気に増加し、小学生高学年の3倍になることが分かった。また、子どもが利用しているSNS・メールアプリが「わからない」と答える保護者は、学年が上がるほど多くなった。

自宅での勉強時に、”スマホ”を利用しているのは、スマホ保有小中学生で47.0%。”タブレット”を利用しているのは、タブレット保有小中学生で55.3%に上った。

子どもがタブレット端末を使って学習することに対して、どのようなイメージを持っているか聞いたところ、期待していることとして、「楽しんで勉強できる」43.6%が最も多く、「ネットに接続でき、すぐに調べ物ができる」32.0%、「動画や音声も使え、教材の幅が広がる」29.9%と続いた。不安なことは、トップが「ゲームばかりする」67.5%で、「ネットトラブルに巻き込まれる」56.0%、「ネット閲覧ばかりする」50.8%という結果になった。

調査概要

調査対象:小学生・中学生の子どもを持つ20歳~59歳の男女 ※ネットエイジアリサーチのモニター会員を母集団とする ※子どもが複数名いる場合は、末っ子が小学生または中学生
調査期間:2014年5月30日~6月6日
調査方法:インターネットリサーチ
調査地域:全国
有効回答数:合計1000名(有効回答から性別×子どもの性別・学年区分がほぼ均等になるように抽出)

関連URL

Gaba

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21