1. トップ
  2. データ・資料
  3. ガイアックス/スマホ所有の中高生 SNS利用率が2倍以上に

2014年7月25日

ガイアックス/スマホ所有の中高生 SNS利用率が2倍以上に

ガイアックスは24日、中高生6216名を対象に実施した、スマートフォンやSNSの利用に関するアンケート調査の結果を発表した。

調査は、2013年12月から2014年3月にかけて、東京都・神奈川県の私立の中学・高校の協力のもと実施。

調査結果によると、スマートフォン所有率は中学3年生で51%、高校1年生では83%に上昇。高校に進学すると生徒がスマートフォンに買い替える傾向にあると予想される。

SNSの利用率は、中学生では70%のYouTubeが、高校生では81%のLINEが最も高い。

スマートフォン所有者のWebサービスの利用率は、フィーチャーフォン所有者と比較して、中学生ではLINE利用率が約3倍、Twitter利用率が約2倍。高校生では、LINE利用率が約2倍、Twitter利用率が2倍弱となった。

調査概要

調査名:「携帯・ソーシャルメディアの利用に関して」
調査方法:無記名方式 / アンケート
調査期間:2013年12月~2014年3月
調査回答内訳:東京都・神奈川県の私立中高5校の生徒6216名(うち中学生1158名、高校生5058名)

関連URL

ガイアックス

 

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21