1. トップ
  2. 教育事例
  3. セーファーインターネット協会/三重県教委に「ネット検定」コンテンツ提供

2014年7月25日

セーファーインターネット協会/三重県教委に「ネット検定」コンテンツ提供

セーファーインターネット協会(SIA)は18日、インターネット利用者が安心・安全に利用するための教育事業を開始すると発表した。

取り組みの第一弾として、三重県教育委員会と協働し、同県の「スマートフォンの危険から子どもを守る事業」の取り組みである、児童生徒向け「ネット検定」問題や教員向け指導資料等のコンテンツ一式をSIAが開発、提供する。

「ネット検定」は、インターネットの安心・安全な利用に必要な知識の不足している箇所を具体的に把握し、学校での指導を通じて知識の向上を目指すためのもの。

2014度は試行段階として、一部小中学校で検定を実施する。

関連URL

三重県教育委員会
子どもたちのインターネット利用について考える研究会(子どもネット研)

問い合わせ先

セーファーインターネット協会

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録