1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 文科省/総務省と連携した「先導的な教育体制構築事業」の公募開始

2014年8月1日

文科省/総務省と連携した「先導的な教育体制構築事業」の公募開始

文部科学省は7月31日、総務省と連携し、クラウドなどを活用して異なる学校間や学校と家庭との連携を深め、日本のICT教育をリードする体制の構築を目指す「先導的な教育体制構築事業」を実施すると発表した。同時に実証研究を行う3地域(1地域あたり4校)の公募を開始した。

事業は、総務省の「先導的教育システム実証事業」と連携して実施。総務省が構築するクラウドシステムを活用した環境下で行う。

事業内容は3つ。「地域における教育体制の構築方法」では、異なる学校間や、学校と家庭などの連携を図る。「新たな学びに対応した指導方法の充実および指導力の育成方法」では、指導方法の開発、教員の研修体制の構築などを行う。「デジタル教材の利便性の向上方法」では、地域内の学校が相互に活用できる教材を蓄積・提供。

実証校には、対象学年の児童生徒用のタブレット端末1人1台を整備。また、家庭への持ち帰り学習に使用するため、1教室の児童生徒数分以上のモバイルルーターなどのインターネット接続環境を整備することなども条件として挙げている。

概要

事業名:先導的な教育体制構築事業
企画提案書の提出期限:2014年9月5日(金)18:00必着
審 査:2014年9月中旬
採否通知:2014年9月下旬
契約期間:契約締結日から2015年3月27日まで
詳細

 

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21