1. トップ
  2. データ・資料
  3. Monthly Pickup【7月】/「初級ICT教育講座」開始、総務省・文科省が新規実証など

2014年8月1日

Monthly Pickup【7月】/「初級ICT教育講座」開始、総務省・文科省が新規実証など

2014年7月に掲載したニュースの中から、編集部が厳選してお届け。

先生のためにICT教育を分かりやすく解説する新コーナー

新コーナー「先生のための初級ICT教育講座」を開始。現在、「教育現場でiPadが選ばれる5つの理由」【詳細】「ロイロノート・スクールって何?」【詳細】を公開している。今後も先生に役立つ様々なテーマを取り上げていく。

総務省と文科省、ICT教育の推進へ新規実証事業を始動

総務省は、「ICTドリームスクール懇談会」の中で、クラウドを活用し、ICT教育の環境構築を目指す新規実証事業の公募を8月中に開始すると発表した。【詳細

また、文科省も、総務省と連携し、クラウドなどを活用して異なる学校間や学校と家庭との連携を深める「先導的な教育体制構築事業」の公募を開始した。【詳細

世界一遅れている日本のICT活用教育など各種データが公開

文科省が、教員の勤務環境などに関する国際調査「TALIS」を発表。日本の中学校長や教員でICTを活用している割合は、OECD参加国中で唯一ひと桁台の9.9%と最も低い結果になった。【詳細

デジタルアーツは、「第6回スマホの利用実態調査発表会」を開催。スマートフォンの利用開始は小学1~3年生が最適と保護者が考えているなど、様々な調査結果を発表した。【詳細

低学力生徒に強いeラーニング教材の動画レポート

低学力生徒に強いeラーニング教材「すらら」の特徴や効果などを、提供元であるすららネットの湯野川孝彦代表取締役社長が動画で解説した。【詳細

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21