1. トップ
  2. ツール・教材
  3. NTTLS/小中学校のタブレット端末を活用した授業を支援するアプリ

2014年8月5日

NTTLS/小中学校のタブレット端末を活用した授業を支援するアプリ

エヌ・ティ・ティラーニングシステムズ(NTTLS)は4日、小中学校のタブレット端末を活用した授業を支援するアプリ「テックキャンバス」の販売を開始した。提供開始は9月1日で、価格はオープン。

豊富な機能で授業をサポート

「テックキャンバス」で、教員は、デジタル教材を簡単な操作で児童生徒のタブレット端末に瞬時に配信・表示させることができる。また、小中学校のサンプル教材があらかじめセットされており、手軽にオリジナル教材(ワークシート)を作ったり、教員間で教材を共有したりすることが可能。

児童生徒は、タブレット端末に、回答を書き込んだり、グループで考えたことを見せ合ったり、さまざまな学習をスムーズに行える。

ワークシートのサンプル

児童生徒のタブレット画面を大型モニタに表示して、それぞれの考えを共有し、違いを認識して学習を深めていくこと、さらに学習結果にコメントを付け、児童生徒のタブレットに送り返すことも可能。

Webアプリのため、教員の作成した教材や児童生徒の学習結果は基本的にすべてクラウドに保管され、ネットワーク接続環境があれば家庭でも簡単に確認、追加作業ができる。

また、Webブラウザだけで動作するため、現在流通しているタブレット端末やスマートフォンのほとんどに対応。アプリケーションの事前インストールや更新が不要なため、タブレット端末の維持管理稼働を飛躍的に軽減し、いつでも最新版の機能を利用できるという。

アプリは、NTTグループが2011年度から3年間、全国5地域で実施した”教育スクウェア×ICT”フィールドトライアルの知見や、参加した教員の声にもとづいて開発した。

 関連URL

NTTLS

“教育スクウェア×ICT”フィールドトライアル

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21