1. トップ
  2. ツール・教材
  3. コクヨS&T/紙に書いた内容をチェックしてデータ化できるデジタルノート

2014年8月22日

コクヨS&T/紙に書いた内容をチェックしてデータ化できるデジタルノート

コクヨS&Tは21日、専用ペンで紙のノートに書いた文字や図表を、チェックするだけでデータ化・アップロードできるデジタルノート「CamiApp S」を9月5日から発売すると発表した。価格はオープン価格。

「CamiApp S」は、ノートカバーに内蔵されたセンサーによって、専用ペンの動きを認識。専用ノートの所定の場所にチェックするだけで、手書きデータをスマートフォンやタブレット端末に取得できる。

また、取得されたデータはスマートフォン・タブレット端末(専用アプリ)経由でクラウドサービスへの自動アップロードが可能。そのため、従来のカメラやスキャナでのデータ化よりも、アクションを減らし、効率よくデータ化できるという。

なお、取り込んだ手書きデータは、文字認識機能により自動でテキスト化され、検索に活用することができる。さらに、「打合せ記録」タイプの罫内容のノートを使えば、手書きで指定した日時でGoogleカレンダー上に貼り付けることが可能。

商品は、本体、ノート、専用ペンがセットとなっている。本体のバリエーションは、ノートブックタイプ、メモパッドタイプの2種類。それぞれ、Android版、iOS版がある。

「CamiApp S」の専用アプリは、すでにAndroid版を配信しており、iOS版を今月末に配信を開始する。

概要

CamiApp S

ClassiのIDひとつで!さまざまな教育サービスを利用可能にする Classiプラットフォーム 2018年4月よりスタート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • 防災Wi-Fi FURUNO SYSTEMS
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録