1. トップ
  2. ツール・教材
  3. データ変換研究所/HTML5対応のモニタリングソフトウェア

2014年8月27日

データ変換研究所/HTML5対応のモニタリングソフトウェア

データ変換研究所は26日、学校教育用M2Mソフトウェアフレームワーク「Derimo for Education アカデミック版」で、新たにHTML5を使用したモニタリングソフトウェアを追加したと発表した。

また、改造が可能な開発キットを販売するとともに、無料体験版をWebで公開した。

今回HTML5に対応することで、パソコンやスマートフォン上のほとんどのブラウザでモニタリング側のソフトウェアを動作できるようになった。

Androidのみに対応した従来商品では、リモートモニタリングの実現に複数台のAndroid機が必要だったが、今回のHTML5対応で、1台のAndroidスマートフォンとパソコンで同じ機能を実現することができる。

「Derimo」は、Androidに対応したリモートモニタリングのソフトウェア。

価格は、Derimo for Education アカデミック版(ボードなし)が9万2500円(税別)、年間保守料が9万円(税別)。

関連URL

体験版ページ

問い合わせ先

データ変換研究所
電 話:075-254-8780

ClassiのIDひとつで!さまざまな教育サービスを利用可能にする Classiプラットフォーム 2018年4月よりスタート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • 防災Wi-Fi FURUNO SYSTEMS
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録