1. トップ
  2. ツール・教材
  3. デジタルアーツ/ユーザーの声をもとにWebフィルタリングの機能改善

2014年9月4日

デジタルアーツ/ユーザーの声をもとにWebフィルタリングの機能改善

利用イメージ

デジタルアーツは3日から、スマートフォンやタブレット端末向けのWebフィルタリングブラウザー「i-フィルター」を、ユーザーの声をもとにラインナップの強化と機能改善を順次実施すると発表した。

未成年者を見守る立場の多くの保護者が、スマートフォンの操作やインターネット上で起きているトラブルについて情報を把握できていないという。そうした中、「i-フィルター」のユーザーから、製品への様々な要望があり、今回は、最も要望の多かった2点に対応した。

1つ目は、「卒業まで途切れることなく、子ども達の間で起きているスマホのトラブルから守って欲しい」という意見を反映し、複数年プランのラインナップを強化。「i-フィルター for Android」は2年間ライセンス/3年間ライセンス、「i-フィルター for iOS」は3年間ライセンスの提供を新たに開始する。

2つ目は、「i-フィルター for Android」で、「必要なアプリを個別に許可する方法が難しい」という意見を反映し、サービス登録時の過程で、5つの主要アプリ「LINE」「Twitter」「YouTube」「Facebook」「Google+」を簡単に許可・禁止設定できるように変更する。

関連URL

i-フィルター

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21