1. トップ
  2. ツール・教材
  3. ソニー/ユーザーに応じて情報を提供できる透過式メガネ型端末

2014年9月24日

ソニー/ユーザーに応じて情報を提供できる透過式メガネ型端末

ソニーは19日、Android 4.1以降のスマートフォンと連携し、テキスト、シンボル、画像等の情報を視界に重ねて表示する、透過式メガネ型端末「SmartEyeglass(スマートアイグラス)」を開発したと発表した。

搭載したCMOSイメージセンサー、加速度センサー、ジャイロスコープ、電子コンパス、照度センサー、マイクなどの多彩なセンシング機能と、連携したスマートフォンのGPSによる位置情報などを活用して、ユーザーの状況に応じた情報を提供できる端末。

独自のホログラム光学技術によって、視野を遮るハーフミラーを使わず、85%の透過性を持った厚さ3.0mmの薄型レンズを実現した。

これにより、マラソン大会などで、ランナーに走行タイムやラップタイムを伝えることなども可能となる。

なお、カメラのビデオ機能使用の場合はAndroid 4.3以降のスマートフォンに連携する。

問い合わせ先

ソニー

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 学校現場のICT活用最新情報誌 チエルマガジン 無料購読はこちら
  • アプリで英検対応 新試験に対応 EAST Co., Ltd.
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録