1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ユニティ/タブレット端末を配布しIT体験を通した園児の発達を調査

2014年9月25日

ユニティ/タブレット端末を配布しIT体験を通した園児の発達を調査

ユニティは25日、IT体験を通した園児の発達を共同調査するため、知育アプリ「あそんでまなぶ!シリーズ」をインストールしたタブレット端末を、幼稚園や保育園に貸し出したと発表した。

園児がIT教育に触れる機会を作るために、児童育成会コッコロの川崎市片平こども文化センター、都島友の会の都島桜宮保育園にタブレット端末の貸し出しを実施。

今後、幼稚園・保育園・児童館の協力を得て、園児が何に興味を持ったか、遊んでみた反応、アプリの稼働率などを共同で調査し、その結果をアプリの制作にフィードバックするという。

「あそんでまなぶ!シリーズ」は、計算、立体認識、音感、記憶などのコンテンツを揃えた幼児・児童向けの知育・教育アプリ。これまで35シリーズをリリースしている。

概要

ユニティ
あそんでまなぶ!シリーズ

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • 防災Wi-Fi FURUNO SYSTEMS
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録