1. トップ
  2. ツール・教材
  3. バンダイ/幼児学習向けアンパンマンの本格タブレット端末『コドなび!』を発表

2014年9月29日

バンダイ/幼児学習向けアンパンマンの本格タブレット端末『コドなび!』を発表

バンダイは29日、東京学芸大学と東京学芸大こども未来研究所との共同研究による、Androidを搭載したバンダイ初の幼児向け本格タブレット端末『コドなび!』を10月 25日に発売すると発表した。

バンダイ新商品発表会

『コドなび!』は、デジタルネイティブ世代の子どもに向けて新しい学びの形を提案する学習端末(対象年齢3 歳以上)。バンダイが商品を企画し、学習内容やデザインコンセプトについて東京学芸大学の教授陣、東京学芸大こども未来研究所が総合的に監修を行った。

Wi-Fi 経由でインターネットに接続できる一方、保護者用の管理画面で、ネットへの接続の有無や接続時間の制限、遊ばせる時間の設定等が可能なため、安心して子どもに誓わせることができる。

坂下千里子さんと松田教授によるトークショーとデモ

プリインストールされている『コドなび!』のアプリには合計150種類以上のオリジナルの学習メニューが収録されており、タブレットで学習した内容を実体験に移したり、遊びの中で自然と学べたりする新発想の学習プログラムを多数取り入れ、深い学びへと子どもたちを導くという。

タブレットの使い方や学習の進め方は、未就学児に人気の「それいけ!アンパンマン」のキャラクターたちが楽しく子どもたちの学習を応援する。

子どもが「これはいいよ」と言ったという坂下さん

保護者向けには、子どもの日々の学習記録をもとに、育まれている力を確認したり、もっと遊んで欲しいアプリを保護者からすすめたりすることができる“まなびナビ”を搭載。親子でコミュニケーションを取りながら子どもの成長を見守ることができる商品だという。

本体サイズは195 mm×125 mm×22mmで7インチ液晶(ディスプレイ)、OSはAndroid4.4.2を搭載。価格は2万8000円(税抜)。主な販売ルートは全国の玩具店、百貨店・量販店の玩具売り場、インターネット通販等となっている。

左から飛田尚美取締役、坂下さん、松田教授、村瀬和恵デピュティゼネラルマネージャー

総合監修にあたった東京学芸大学の松田恵示教授は「『コドなび!』は、単なるタブレット学習という枠を超えて、子どもの遊びを豊かにし、学びの本質を子どもたちに伝えることができる『新しい家族のコミュニケーションツール』として提案するものです。『コドなび!』が大事にしているのは3つです。一つ目は、『親子のコミュニケーションを促進する端末であること』、二つ目は、『間接的な体験と直接的な体験を結びつけること』、三つ目は『子どもの“あそび”の原点を大切にすること』です。『コドなび!』によって、タブレットで学んだことを実体験に生かし、生活の中で経験したものをさらにタブレットで確認・表現できる機会が広がり、世界や人とつながる新しい学びを実感していただければと願っています」と語った。

関連URL

「コドなび!」

バンダイ

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21