1. トップ
  2. データ・資料
  3. 文科省/情報化に関する調査、タブレット型が7万2678台で昨年比2倍に

2014年9月29日

文科省/情報化に関する調査、タブレット型が7万2678台で昨年比2倍に

文部科学省は25日、2013年度「学校における教育の情報化の実態等に関する調査」の結果概要をWebで公開した。

調査項目は、学校でのICT環境の整備状況、教員のICT活用指導力など。

調査対象は、全国の公立の小学校、中学校、高校、中等教育学校と特別支援学校。

調査基準日は、2014年3月1日。

それによると、教育用PC1台当たりの児童生徒数は6.5人。

普通教室の校内LAN整備率は85.6%。超高速インターネット接続率(30Mbps以上)は79.1%。

また、教育用PCのうちタブレット端末の台数は7万2678台で、2013年3月時と比べて2倍以上に増加した。

都道府県別にみると、教育用PC1台当たりの児童生徒数として一番普及しているのは佐賀県で、4.3人だった。

関連URL

2013年度 学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果 (PDF)

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21