1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 管理工学研究所/日本語データベースシステム「桐10」を17日発売

2014年10月1日

管理工学研究所/日本語データベースシステム「桐10」を17日発売

管理工学研究所は、データサイズの拡張、文字コードの変更など基本機能を大幅に拡張した日本語データベースシステム「桐10」を10月17日に発売する。

「桐10 アカデミック版」

「桐10」は、データベースのサイズを現行商品である桐9シリーズの64倍(ファイルサイズで最大32GB、レコード数で最大約10億レコード)に拡大した。1レコードあたりの最大データサイズも、従来の2倍となった。また文字コードもShift JIS(CP932)からUnicodeに変更し、JIS X 0213:2004(JIS第一水準~第四水準)の1万1233文字が扱えるようになる。

「桐10 通常版」「桐10 優待版」「桐10 アカデミック版」の3種類がある。

日本語データベースシステム「桐」は、1986年のバージョン1発表以来、16回におよぶバージョンアップ、アップデートを経て、広く利用されてきた非SQL型のリレーショナルデータベースシステム。データベース機能そのものに加え、入力フォーム、印刷フォーム、PostgresなどのSQL型データベースをSQLレスで操作・連携する機能、プログラミング環境などを統合した製品。

関連URL

日本語データベースシステム「桐10」

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21