1. トップ
  2. ツール・教材
  3. コンテック/教育機関向け無線LANソリューションの新ブランド

2014年10月3日

コンテック/教育機関向け無線LANソリューションの新ブランド

コンテックは1日、教育機関向け無線LANソリューションの新ブランド「FLEXLAN ZCシリーズ」を新しく展開すると発表した。同時に、スマートアクセ

「FLEXLAN ZCシリーズ」の3製品

スポイント「ZCA1300」、デュアルアクセスポイント「ZCA1200」、無線LANコントローラ「ZCCTL100」を発売した。

「ZCシリーズ」は、台湾のZ-COM社と共同開発した、グローバルレベルのコストパフォーマンスと高い信頼性を実現したという無線LANソリューション。

スマートアクセスポイント「ZCA1300」は、自動的に電波環境を最適化するビームフォーミング機能を搭載。さらに、屋外設置が可能な「IP67規格」対応の防塵・防水構造が特徴。

デュアルアクセスポイント「ZCA1200」は、ビジネス向けに普及しているネットワーク接続の規格「IEEE802.1x認証(WPA-EAP)」に対応し、不正なユーザーからのアクセスを防ぐ。また、イーサネット配線を利用して電力を供給する技術「PoE(Power over Ethernet)」に対応し、LANケーブルで電源供給が可能。

無線LANコントローラ「ZCCTL100」は、最大64台のアクセスポイントを集中管理することができ、管理者の負担を軽減。さらに、周囲の電波状況を監視して、アクセスポイントそれぞれに適切な無線LANチャネルと電波出力に自動調整する機能も搭載している。

概要

コンテック

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • IT+教育最前線2017 次世代の教育インフラ紹介セミナー 東京7/21 大阪7/28 広島8/10 福岡9/8
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録