1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 住友商事とウィザス/関連会社合併でICTを活用した英語教育事業を強化

2014年10月8日

住友商事とウィザス/関連会社合併でICTを活用した英語教育事業を強化

住友商事とウィザスは7日、英語教育関連事業を強化するために、両者が出資するグローバルゲートインスティテュート(GGI)を、ウィザスの連結子会社のSRJと合併させ、同時に住友商事は存続会社であるSRJに対して新たに出資を行ったと発表した。

経営統合によって、近年のICT教育と英語教育の進展に対応した実践的なグローバル教育を、ワンストップで提供できる体制を構築するという。

合併後は、SRJの日本語の速読サービスと、GGIの英語能力開発ノウハウを組み合わせて開発した「速読英語」というサービスの提供を開始する。

また、住友商事は今後、教育コンテンツに加えて、ティーガイアを通じて、タブレットなどのICT利用を促進する各種サービスも提供していくという。

SRJは、全国に約2000拠点の学習塾を顧客に、速読を始め、ICTを使った能力開発サービスを提供。

GGIは、世界で活躍できるグローバル人材の育成を目的に、ネイティブ講師によるオンラインレッスン「Meet the World」や、TOEFL対策用eラーニング「eSpire」などのサービスを提供してきた。

関連URL

SRJ

住友商事

ウィザス

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • 防災Wi-Fi FURUNO SYSTEMS
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録