1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. シャープ/佐賀県で共同開発のデジタル教材を活用した実証研究

2014年10月21日

シャープ/佐賀県で共同開発のデジタル教材を活用した実証研究

実証研究の概要

シャープは、日本標準と共同開発したタブレット端末向けのデジタル教材を活用し、11月下旬から佐賀県多久市の公立小学校で実証研究を開始する。

実証研究は、日本マイクロソフトの協力のもと、2014年11月下旬から2015年3月上旬の期間に、多久市の公立小学校3校の5年生約200人を対象に実施する。

プリント教材の内容

開発したデジタル教材は、「デジタル版 学力到達度診断」と「デジタル版 プリント教材」で構成されており、まず、「デジタル版 学力到達度診断」でテストを実施し、各児童の学習課題を分析。次に、学習の習熟度に応じた「デジタル版 プリント教材」を使用し、知識・理解の定着を図る。

また、シャープの学校向け教育支援システム「スタディシリーズ」を活用し、教員は各児童の教材の進捗度合いや回答に至るまでの所要時間など、学習状況を細かく把握できるので、個別に適切な指導を行えるという。

関連URL

シャープ
日本標準 
日本マイクロソフト

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21