1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 武雄市/山内西小学校でプログラミング授業開始

2014年10月21日

武雄市/山内西小学校でプログラミング授業開始

講師を務めたDeNAの川崎取締役(左)南場取締役(右)

佐賀県武雄市は20日、DeNA、東洋大学と協働で取り組む市立山内西小学校でのプログラミングの授業を開始した。

また、東洋大学の松原聡教授が武雄市特別顧問(ICT教育)に就任することが発表した。

授業では、1人1台のタブレット端末を活用し、ブロックを組み合わせながらアニメーションを操作するソフトで、ゲームのような感覚でプログラムを行った。

DeNAが開発したソフトを使用

武雄市によると、児童たちは「初めて扱うキャラクターに興味深もち、楽しみながら先生の指導のもと操作していた」という。

武雄市は、2014年9月にプログラミング教育の実施についてDeNA、東洋大学と協定を締結。10月から2015年2月にかけて、市立山内西小学校の1年生を対象に、プログラミングの授業を合計8回実施する。

関連URL

武雄市

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21