1. トップ
  2. データ・資料
  3. KADOKAWAほか/小学生4~6年生の女子23%がすでにタブレットで勉強

2014年10月23日

KADOKAWAほか/小学生4~6年生の女子23%がすでにタブレットで勉強

すでに女子小学生の4年生から6年生の23%がタブレットで勉強している。KADOKAWAと角川アスキー総合研究所が22日発表した「子どもライフスタイル調査2014秋」では、そうした結果が明らかになった。

調査は、KADOKAWAの社内カンパニーであるアスキー・メディアワークスと、角川アスキー総合研究所が共同で実施。アスキー・メディアワークスの女の子向けゲームとキャラクターの情報誌「キャラぱふぇ」の読者を対象に、回答者から女子小学生を抽出して、集計分析した。

調査結果から、女子小学生の17%は、すでにタブレット端末で勉強。女子小学校4年生から6年生では23%がタブレット端末を勉強に利用していた。

また、21%は、タブレットの使い方を教えなくても、自分で使い方を覚えると答えた。

女子小学生の11%がLINEなどの無料通話・メールアプリを利用しており、今後使いたいという回答も33%にのぼった。

一方、子どものLINEなどの無料通話・メールアプリの利用について、女子小学生の保護者の63%が「使わせたくない」と回答。心配する理由として、「依存症になりそう」(56%)、続いて「犯罪に巻き込まれそう」(49%)、「いじめにつながりそう」(47%)という結果になった。

調査概要

調査期間:2014年8月1日~2014年9月22日
調査方法:雑誌添付ハガキによるアンケート
調査対象:女子小学生。雑誌「キャラぱふぇ」の読者を対象に調査を実施し、回答者から女子小学生のみを抽出して集計。
サンプル:合計401件(女子 小1~3年生 256件、女子 小4~6年生 145件)

関連URL

キャラぱふぇ

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21