1. トップ
  2. データ・資料
  3. MMD研究所/購入したスマホのOS、半数が「iOS」

2014年11月12日

MMD研究所/購入したスマホのOS、半数が「iOS」

MMD研究所は11日、4月~9月の期間にスマートフォンを購入した15歳以上の男女796人を対象に「2014年4月~9月スマートフォン購入に関する定点調査」を実施し、その結果を公開した。

スマートフォンのOS別比率

それによると、購入したスマートフォンのOSとしては、「iOS」が49.0%、「Android」が42.7%となった。

スマートフォン購入時に重視した項目として、「画面の大きさ」が44.7%、次いで「バッテリーの持ち」が40.2%、「操作性の良さ」が36.1%となった。 4月時の調査と比べると、「画面の大きさ」の回答が18.7%増えていることが分かった。

スマートフォン購入時の不満を尋ねたところ、「料金メニューが分かり難い」が40.2%となった。

調査概要

期 間:2014年10月20日~10月23日(日間)
有効回答: 796人

関連URL

調査データ

問い合わせ先

MMD研究所

立命館守山中学校・高等学校 ICT公開授業研究会 6.24 with Classi お申込みは6月20日まで
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • IT+教育最前線2017 次世代の教育インフラ紹介セミナー 東京7/21 大阪7/28 広島8/10 福岡9/8
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録