1. トップ
  2. ツール・教材
  3. MetaMoJi/手書き機能活かしたリアルタイム授業支援アプリ発表

2014年11月13日

MetaMoJi/手書き機能活かしたリアルタイム授業支援アプリ発表

MetaMoJi は13日、リアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJi Share for ClassRoom」を、2015年1月から販売すると発表した。

「MetaMoJi Share for ClassRoom」の説明会

「MetaMoJi Share for ClassRoom」は、デジタルノートアプリ「MetaMoJi Note」の編集機能と「MetaMoJi Share」のクラウドサーバー技術をベースに、ICTを活用した一斉学習、個別学習、協働学習すべての場面で、リアルタイムでフレキシブルな授業支援機能を発揮するという。

対応するプラットフォームはiOSとWindows 8で、サーバーはMetaMoJiクラウドサービス版とオンプロミス版を用意している。

協働学習のデモ画面

「MetaMoJi Share for ClassRoom」の主な機能は、「紙とペンのように自由自在な手書きノート機能や、編集機能」、「オフィス文書やPDFなど既存教材の活用」、「校外や家庭と繋いだリアルタイム学習支援機能」など、創造的で広がりのある学習環境を提供する。

製品価格は、MetaMoJiクラウドサービスを利用したクライアント・ライセンスが、初期導入費20万円、20ユーザーIDサービスが年間2万4000円から。Windouwsサーバーを利用するオンプロミス製品は、サーバーライセンス費40万円、20ユーザーID製品が6万円から、オプションの年間保守費用が10万円となっている。

関連URL

「MetaMoJi Share for ClassRoom」

問い合わせ先

MetaMoJi
info.ja@metamoji.com

神奈川県教育委員会 Classi 2016年度〜2018年度 ICTを活用した授業力向上と授業改善に関する共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録