1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. ベネッセ/描いた絵に音をつけるアプリをエリアベネッセ青山で体験

2014年11月18日

ベネッセ/描いた絵に音をつけるアプリをエリアベネッセ青山で体験

ベネッセコーポレーションは、11日から16日の期間、学びアプリ体験WEEKとして、子ども向けのプログラミングワークショップを東京・渋谷区のエリアベネッセ青山で開催した。

アプリを使って自分だけならではの楽器をつくろう!

このワークショップは、『エリアベネッセで親子アプリ大学』(協力:著者大学)として開催されたもの。期間中は『小学生からはじめるわくわくプログラミング』(日経BP)の著者、阿部和広氏や『5才からはじめるすくすくプログラミング』(日経BP)の著者、橋爪香織氏らもワークショップ講師を務めた。

15日10時半からの回では、「アプリを使って自分だけならではの楽器をつくろう!」(4歳から小学生対象)と題して、iPad/iPhone向けアプリ「paintone」を使い、4組の親子が絵と音による作品作りに挑戦した。

会場となったエリアベネッセ青山

paintoneを使って絵を描く

paintoneを開発したしくみデザインのスタッフが進行役となり、アプリの使い方を説明した。このアプリは、誰でも簡単に手書きで絵が描け、自分の声を使って「音のなる絵」が作れるもの。音付きのスタンプや絵本のほか、抽選ゲームを作ることもできる。

子どもたちは、配布されたiPadに絵を次々と描き、自分の声を素材として取り込み、音階を変えるなどして絵に合った音をつけていく。操作が直感的に行えるため、どの子も楽しみながら作業に集中している様だ。

作品発表

最後に作品発表を行い、それぞれに個性的な作品を披露した。

こうしたワークショップを通して、子どもたちの音への興味や想像力を高めるとともに、自分のこだわりを伝えることで表現力を向上させることができるという。

エリアベネッセ青山では、今後も様々なイベント・ワークショップを開催する予定。

 

関連URL

ベネッセホールディングス

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21