1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ソニービジネスソリューション/早稲田大学へICT教育支援システム納入

2014年11月19日

ソニービジネスソリューション/早稲田大学へICT教育支援システム納入

ソニービジネスソリューションは18日、早稲田大学新3号館の全72室へ 10月に、ICT教育支援システムを納入したと発表した。

早稲田大学新3号館のICT教育支援システム

約6秒でスピード点灯し授業や会議を中断しないという特徴を持つ「レーザー光源プロジェクター」と、授業収録できるHD対応IPネットワークカメラを設置。学生の主体的な授業参加を促す教室AVシステムと、Webによる授業内容の公開のための授業収録システムは、10月から運用を開始した。

また、実験的な試みとしてCTLT(Center for Teaching, Learning and Technology)と呼ばれる教室に、複数の映像素材を高画質・多彩なレイアウトで表示し、効果的なプレゼンテーションやディスカッションの活性化を実現するシステム「ビジョンプレゼンター」を設置した。

これにより、動画や静止画などの画像データ、スライド、Webサイト、ビデオ会議などの複数のソースを大画面に表示でき、教員が無線マウスやタブレットを使って画面を確認しながら、直感的な操作でレイアウトの変更をしつつ、授業を進行することができるという。

関連URL

スペシャルコンテンツ 早稲田大学深澤良彰先生インタビュー
ソニービジネスソリューション

問い合わせ先

ソニービジネスソリューション

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21