1. トップ
  2. データ・資料
  3. 三重県教委/QRコードによる友達募集など新たな危険事案も ネット調査結果

2014年11月20日

三重県教委/QRコードによる友達募集など新たな危険事案も ネット調査結果

三重県教育委員会は17日、インターネットの児童生徒による問題のある書き込みを調査した、2014年度「スマートフォンの危険から子どもを守る事業」の検索結果を発表した。

事業では、県立小中高611校を対象に、校誹謗中傷や個人情報の掲載、不良行為など、インターネットの指導上問題のある書き込みを検索・監視した。実施期間は、9月1日から10月15日。

調査対象となった学校の児童生徒による書き込みを2808件発見し、そのうち危険度の高い書き込みは65件で、2013年度より49件増加。警察に通報するような緊急性のある書き込みはなかったという。

出典:三重県教委

危険度の高い書き込みのほとんどは個人情報の掲載で、Twitterなどに、自分のLINEなどに直接連絡できるQRコードを添付して友だちを募集するなどの事案が新たに発生していた。

危険度の高い書き込み65件のうち、11月7日現在、56件を削除。残りについて削除対応中だという。

今後、三重県教委は、検索結果を各学校に共有した上で、インターネットの監視を継続していく。さらに、講習会やネット検定の実施や、児童生徒がインターネット利用のルールなどについて考える場を設けるなどの取り組みを実施していくという。

調査概要

対象校:県内公立学校 611校 ※小学校378校、中学校159校、高等学校58校、特別支援学校16校
検索実施時期:2014年9月1日(月)~10月15日(水)

関連URL

三重県

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21