1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. ソフトバンクモバイルほか/特別支援事例研究プロジェクトの成果報告会を1月開催

2014年11月25日

ソフトバンクモバイルほか/特別支援事例研究プロジェクトの成果報告会を1月開催

ソフトバンクモバイルとエデュアス、東京大学先端科学技術研究センターは、携帯情報端末を活用した障がい児の学習・生活支援を行う事例研究プロジェクト「魔法のワンドプロジェクト」の成果報告会を、2015年1月24日に開催する。

「魔法のワンドプロジェクト」では、2014年4月から、特別支援学校・特別支援学級76校に所属する生徒・教員を2人1組にした79組に、携帯情報端末を貸し出し、教育現場や日常生活の場での検証を続けてきた。

成果報告会では、プロジェクトに参加した20校の事例を紹介するとともに、各校の取り組み内容を会場内に展示する。

共通シンポジウム「タブレット・医療・教育」には、東京大学先端科学技術研究センターの中邑賢龍教授と、三宅琢研究員が登壇。

グループ別シンポジウムでは、「肢体不自由、重度重複障がい」「知的障がい、自閉症」「感覚障がい、発達障がい」という3つのテーマの分かれ、実践事例を紹介する。

講演では、中邑賢龍教授が「インクルーシブ教育のあり方 コンフリクトマネジメント」をテーマに登壇。

そのほかに、インクルーシブ実践事例や優良実践事例の発表、ポスターセッションなども行う。

概要

日 時:2014年1月24日 9:45~16:30 ※受付開始 9:30
場 所:東京大学先端科学技術研究センター3号館南棟ENEOSホール [東京都目黒区駒場4丁目6番1号]
詳細・申込

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21